用語の説明

ディンプルキー

従来の一般的な玄関キーのような鍵山が無く、表面に多数の小さな窪み(ディンプル)を付けた形式のキー。鍵違い数(配列組み合わせ)が多く複製が困難な為防犯性に優れている。