用語の説明

保存登記

不動産の先取特権の保存登記を指すが、一般的には土地や建物について初めて行う所有権の登記を呼ぶ。 所有権の保存登記は、登記簿の甲区欄の最初の用紙に記載される。表示登記は義務だが、保存登記は自由。但し、保存登記が無いと所有権の移転や抵当権の設定等の登記が出来ない。