用語の説明

元利均等返済

毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から決められた期間の終了まで均等となる利息の算出方式。住宅ローン等で主に使用される。毎月の返済額(元金+利息)が一定金額となる方法で、金利が同じ間は月々の返済額が変わらない。元金充当部分と利息支払部分の割合は、返済開始当初は利息支払部分が多く、返済が進むにつれ元金充当部分が増えていく。返済額が毎回変わらないので毎月の支払計画は立てやすい。※金融機関や商品によっては利率の見直しなどがある