用語の説明

建ぺい率

建築物の建築面積を敷地面積で割った値の事。建ぺい率制度の目的は、敷地内に適度な範囲の空地を確保する事により、日照・通風の確保及び延焼の防止を図る事である。 建築基準法では、都市計画区域内の用途地域事に、建築できる建物の建ぺい率の上限が定められている。