用語の説明

筋交い

軸組の垂直面において、垂直材(柱)と水平材(胴差し・土台など)を対角線に沿って斜めにつなぐ材の事。 筋違を入れることによって、軸組が水平方向の力に対抗出来るようになり、構造強度が増す。