用語の説明

違約金

不動産の売買契約で、当事者が債務を履行しない場合に買主により債務不履行に対するペナルティーとして支払う金銭。民法により違約金は損害賠償額の予定と推定されるから、特約や反証がない限り、契約違反(債務不履行)に伴う損害賠償額は違約金の額に限定される。なお、民法上その額に制限はないが、宅建業法では、業者自ら売主となって業者でない買主と売買契約を締結する場合、違約金と損害賠償額の予定は合算して代金の2割以内と制限している。