その他金融商品との比較

その他金融商品と資産運用型マンションの比較について、ご説明致します。

マンション経営とその他金融商品比較

資産運用は収益性とリスクのバランスがとれた商品を選ぶことが重要です。資産運用型マンションを実際に他の金融商品と比較してみると、手間も少なく低リスクで、初めての方でもスタートしやすい商品であることがわかります。

マンション経営と収益性

バブル崩壊後の日本で、利回りが1%を超える金融商品を探すことはとても困難と言えます。
日本人の個人資産の多くは依然預貯金に集中しているのが現状です。
そんな中、不動産のデータバンクである東京カンテイの調査によると、首都圏のマンション経営の利回りは、90年代は3%程度でありましたが、2000年以降には約5%と高い水準を保っており、資産運用の手段として優位性があります。

現状の利回り比較

マンション経営の資産的優位性について

マンション経営の資産的優位性

上の表からも、金融商品にはそれぞれ一長一短があり、リスクとリターンは表裏一体の関係であることがわかります。ご自身の目的や考え方、状況に合った手段を選択することが重要です。

預金について

預金は極めてリスクが低く手間なども掛かりませんが、資産を増やすという面では不利と言えます。またインフレリスクに弱いということも考えなければなりません。

有価証券について

有価証券は、収益性の非常に高いものも存在しますが、選択する商品や銘柄に大きく左右されます。また景気動向などにも大きな影響を受け発行母体によっては紙くず同様となってしまうケースもあります。
つまり選択時や購入や売却時のタイミングなどを決定する運用者本人の知識や経験が運用成績に大きく影響します。また相場のチェックや銘柄選定などの手間を考えると本業が忙しいサラリーマンの方などには不向きと言えそうです。

不動産について

一般的な不動産は流動性以外の面が優れていると言えますが、有価証券同様こちらも目利きがものを言います。有価証券以上に専門的な知識、情報ネットワークなどが必要となり、実際には手をのばしにくい選択肢と言えます。

マンション経営について

当社がご提案するマンション経営は、一般的な不動産同様に流動性部分にやや難がありますが、収益性と安全性、そして「始めやすさ」のバランスがとれたプランであると言えます。
流動性リスクについても、中長期のライフプランとしての目的であることと、ローンを活用することで自己拠出額を少なくし運用面でカバーすることができます。また財形貯蓄の様な「強制的な積立ての仕組み」と捉えると、より一層中長期の運用として優位なポジショニングであると考えることもできます。

資産運用と「始めやすさ」について

そして資産運用をする上でなんと言っても見逃せないポイントは「自己資金」と「手間」の多寡による「始めやすさ」です。
確かに、より収益性が高く、リスクがマネジメントされており、流動性があるという金融商品も世の中にはあるかもしれません。
しかしほとんどの方はそれを見つけることができません。仮に見つけたとしてもそれを適切に運用し続ける手間や時間を捻出することが困難なケースばかりです。
机上でのよりよい運用商品を探すがあまりに、気がつけば老後が目の前だったなんてことになってしまっては目もあてられません。
後から追いかけるウサギよりも、いち早くスタートしてしまったカメの方がゴールに先に着くのです。
是非、資産運用をお考えの際は、一般的に言われている収益性・安全性・流動性の理論だけでなく、実際論の「始めやすさ」も踏まえてご検討頂くことをおすすめ致します。

その他金融商品との比較の関連情報