マンション経営の仕組み

青山メインランドのマンション経営の仕組みについてご説明致します。

マンション経営の仕組み

マンション経営とは、マンションを第三者に賃貸することで、長期的に安定した収入を得ることを目的とした資産運用です。住宅ローンを利用しても家賃収入でそのほとんどが返済できてしまうため、自己負担が少なく始めることができ、様々なメリットを享受する事ができるローリスクロングリターンの資産形成の方法と言えます。

マンション経営仕組み(住宅ローン適応のモデルケース)

サブリース(一括借上)システムについて

マンション経営をする上で一番重要なものが家賃収入です。
通常、不動産投資においては空室になってしまった場合、ローン返済などの支出だけが発生してしまうというリスクがあります。青山メインランドのサブリース(一括借上)システムをご利用頂くことで、最大のリスクである空室リスクを回避することができます。
これにより毎月の安定した収入を得ることで、ローン返済等の支払いの大半を賄うことができ、安心してマンション経営をして頂くことができます。ローン完済後には、ローンの支払いがなくなるため、家賃収入を毎月受取、生活費や有効に使っていただくことができる私設年金となります。

また住宅ローンを適用しているケースでは団体信用生命保険に加入することになり、生命保険の代替効果も期待できるため、ライフプランとしての選択肢として注目されています。

サブリース(一括借上)システムのモデルケース

マンション経営の仕組みの関連情報