生命保険対策として

生命保険としても有効な青山メインランドのマンション経営についてご紹介致します。

私たちをとりまく生命保険事情

生命保険は一生涯で支払う保険料が1,000万円を超えると言われ、『人生で2番目に高い買い物』と言われています。
生命保険文化センタ-の調査によれば1世帯あたりの保険料は平均で年間40万円以上と言われています。
つまり一生涯で1,000万円~1,500万円の保険料を払っているという計算です。

しかしそれだけの支払いをする生命保険ですが、ご自身が加入している内容を理解できていない方はおよそ80%以上とも言われています。
この様に、実は大きな買い物である生命保険を見直しする際の選択肢として最近「マンション経営」が注目されています。

私たちをとりまく生命保険事情

マンション経営による保険効果の優位性

マンション経営が生命保険の代替手段になる理由は、ローンを組む際に団体信用生命保険に加入するためです。ローン返済中にオーナー様に万が一のことがあった場合、団体信用生命保険が適用され、ローン残債はなくなり、ご家族にそのまま月々の家賃収入とマンションが資産として残ります。

モデルケース ご主人様40歳(購入時30歳)、奥様35歳、お子様10歳

モデルケースにて、ご主人様に万が一のことがあった場合、ローン支払いのなくなったマンションをご家族へ残して頂けますので家賃収入の8万円を毎月生活費として受け取って頂けます。

お子様大学卒業までの12年間の総受取額は
8万×12ヶ月×12年=1152万となり
奥様80歳までの45年間の総受取額で考えると
8万×12ヶ月×45年=4320万という額になります。

生命保険の大きな目的が残された家族の生活費であることを考えるとマンションを所有することによるご家族への保険効果が非常に優れていることがわかります。

生命保険対策としての関連情報