老後の年金対策として

老後の年金対策として有効な青山メインランドの資産投資型マンションについて、ご紹介します。

私たちを取り巻く年金事情

現在、私たちを取り巻く社会保障、取り分け年金事情は大きく揺れ動いています。
65歳に引上げになった年金の支給開始、増える社会保険料負担、人口構造の変化と様々な要因によって引き起こされている世代間格差は数世代前と比べて2,000万とも3,000万とも言われております。
この様な世代における大きなハンデを負っている私たちは自助努力によってこれらのギャップを補う必要があります。

社会保障制度の負担と給付の世代間格差

総務省統計局発表の平成24年の家計調査によると世帯主が60才以上の無職世帯の実収入は月181,028円で、支出228,819円との差額は毎月約4.8万円の不足となっております。
60歳からの5年間と年金支給開始から80歳までの15年間の不足額の合計は2,000万円以上にのぼります。

ゆとりのある老後を過ごそうと思った場合はより一層の準備資金が必要なことになります。

世帯主が60歳以上の無職世帯の実収入及び消費支出

家賃収入による年金効果の優位性

1、積立時の優位性

マンション経営は他の年金商品と違い、資産を構築する積立のほとんどを家賃収入でまかなうことができます。その為、将来同等の収入を得るためにかかる毎月の自己負担が少なくできるという優位性があります。

2、受取時の優位性

一般的にリスクが低いと考えられている預金は、長い年月をかけて構築した資産を退職後に取崩していくこととなり、まさに長生きが大きなリスクとなってしまいます。
仮に2,000万円の貯蓄も年間400万の生活をした場合には5年間で0円と底をついてしまいます。
また年金対策としてもっともポピュラーな確定個人年金においても受取期間5・10年と言ったように一定期間経過後は収入が途絶えてしまうため不安が残ります。
一方、マンション経営による年金対策の場合、家賃収入をベースとしているため、構築した資産を取り崩すことはなく毎月の収入を長期に渡って得ることが可能です。

受取時の優位性

老後の年金対策としての関連情報