金利に対する考え

金利変動のご不安について

金利の変動によってお支払い金額が変わる可能性がございますのでご注意下さい。
ただマンション経営に利用する変動金利は、通常の住宅ローン同様に支払い額の特約が付いているものがほとんどです。
支払い額の特約とは、5年間支払い額の変動はなく、支払い額の内訳である金利と元金の比率が半年ごと(4月、10月)に見直しされるという内容です。金利が5年間のトレンドの中で上がり傾向であった場合、次の5年間の支払い額が増えることになりますが、どんなに金利の上昇があったとしても支払い額については増額前の125%が上限と決められており上昇幅は限定されております。
「変動金利」=「リスクの高い商品」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、金利の上昇は経済の景気の上昇とリンクするもので、金利だけが上昇するような事は無いことは今の状態を見ていただいてもご理解頂けるかと思います。経済の原理として、金利は景気とリンクし、景気が良くなり不動産等の価格が上がればインフレ対策として金利を引き上げ、景気が悪くなれば金利を引き下げ、経済運用を助けます。

実際に過去10年間の金利の平均値は、長期プライムレートで1.888%,短期プライムレートで1.532%となっております。
もしバブル期の様に金利が2倍、3倍と簡単に上がる様であれば逆にインカムゲインの家賃収入の上昇にもつながります。その為、不動産の売却も容易で高く売却できるチャンスにもなります。

ご利用になる金融機関によってベースとなる金利をLIBORなどで設定しているところもありますので、ご提案時にご確認下さい。

東京23区 公示地価と長・短期プライムレートの推移