オーナー様の声詳細

Y・O様

したたかな中にも感じの良い笑顔にやられました(笑)

重機リース会社勤務
Y・O様

資産運用型マンションを購入した経緯は何でしょうか?

自分の保有借入で不動産を持つことによって、団体信用生命保険に加入できるので万が一の時の保障が厚くなるのが良かったです。資産が自宅を除くと金融資産のみだったので将来のために賃貸用不動産を持つことがいいと思いました。

 上記のニーズがあり、生命保険として魅力を感じたのですが、町で営業マンの相田さんから名刺交換をもちかけられ、余りにも元気な感じなのでついつい話を聞いてしまい、後日詳細説明のアポになりました。その時には上司である篠田さんも一緒に来て、したたか(笑)な中にも感じが良い笑い顔と対応力のある説明にやられて(笑)決心した次第です。

資産運用型マンションに対する初めの印象はどうでしたか?また、購入後その印象は変わりましたか?

マンション経営には興味があり不動産を見ることも好きでしたが、販売会社の営業がどこも胡散臭いというイメージ(先入観)だけがあり信頼できるパートナー(会社・営業マン)を探すのも大変なイメージでした。

ご購入する際、一番悩まれたこと、一番重視したことなどありましたら教えてください。

「本当にシミュレーション通りになるのか?」これが一番悩んだポイントでした。「うまい話しには裏がある」そう思っていましたから。

説明を聞き、わからないことは質問し、そのうえで自身で考え、腑に落とすことの短期間の繰り返しをしたつもりです。将来のことなので完全に懸念は払拭できることはないでしょうが、内容(メリット、リスク)をよく理解し、リスク(変動要素)を悪目に見ても中期~長期のメリットを考えれば、リカバリーできると判断しました。
そのうえでリスクをとって進むことも(このことに限らず)人生の多くの場面で必要だと思います。 

重視されたポイントは何でしたか?(物件の立地、グレード、収支、営業マンの対応等)

重視したポイントはメリット・リスクの理解。自身のライフプランの中で現役中の死亡保障の不足分を団信保険で補えること。ローンによる団信死亡保障はローン残高が補償額みたいなところがあるので、残債(補償額=不動産価値)が年々減っていくということが、今後の生活費の残りの必要額が年々減っていくことに保障の形が合うのがいいと思っていたので。

オーナーになられてから、生活や気持ちの変化はありましたか?

特に大きな変化はありません。強いて言えば、毎年不動産所得の申告がオーナーの仕事として加わったことくらいですね。

大きな買い物と思いましたか?変化がない要因は、どんなことが考えられますか?

間違いなく大きな買い物でしたが、あまり気持ちの変化がなかったのは内容をよく理解した上で意思決定&リスクテイクしたせいでしょう。
生きる上で他の重要要素と全く同じで、決めた後はそれを前提に最善の日々を送ろうと常々考えているので、特に気持ちは変わりませんでした。

弊社の商品・サービスを向上する目的でお伺い致します。ご購入の検討からオーナーになられた現在までに、弊社のサービスや商品に対して不満に感じたり、改善を希望されるような点はございますか?

正直なところ不満はありません(体裁で言っているわけではありません)。強いて言えば、きっと忙しいでしょうに趣味である野球観戦の情報を私のことを気にかけてくれて連絡などをもらえるのがちょっと申し訳ない気持ちです。勿論、将来に向かって紹介とかを得たいとかの思いがあるからでしょうけど(笑)。