オーナー様の声詳細

増田 典雄様

しっかりと保障は残したいと思っていました

大手上場企業勤務
増田 典雄様

資産運用型マンションを購入した経緯は何でしょうか?

自分に万が一があった時にでも、大事な家族、特に子供が大学を卒業するまでに困らないように、しっかりと保障を残してあげたいと思っていた。しかしながら、現状加入している保険料が高いことと、将来的な更新や掛け捨てのリスクも考えて購入することにしました。
マンション経営を始めたことをきっかけに生命保険を見直した。今までは国内生保で月3万2千円の保険料、万が一の保障は5,000万。終身部分はわずか50万円の掛け捨て保険で、56歳の更新で保険料の支払いが7万円にあがる、という内容だった。マンション経営を始めたことで、毎月の支払額は変わらず(固定資産税を含む金額)に56歳の更新がなくなり、さらに支払った分は積み立てに回り、掛け捨て部分はなくなった。

資産運用型マンションに対する初めの印象はどうでしたか?また、購入後その印象は変わりましたか?

マンション経営と保険、年金のつながりがまったくわからなかったし、今までも詳しく説明を聞いたこともなかった。正直会社への営業の電話も多くてイメージは悪かったが、しっかり説明を聞いてみたら、保険効果や年金効果もしっかり理解が出来て、今後は妻の保険の見直しもお願いしようと考えています。
生命保険会社の社員の方々や上場企業の方々など、実際の事例を基に話を聞けたことが安心材料の一つになった。また同じ会社でも事例があり、身近な人がやっている事もわかったので、イメージしていたような運用とは違う事がよくわかった。

ご購入する際、一番悩まれたこと、一番重視したことなどありましたら教えてください。

既に住宅ローンを組んでおり、追加融資を受けることへの抵抗があった。また妻にも理解をしてもらって進めていきたかった。その点については、融資の仕組みや変動要素が発生した場合の生活への影響度もしっかりと説明してくれたので、購入に踏み切ることができた。さらには妻も同席をして説明を丁寧にしてくれたので、最終的に家族としておまかせしようと決めれました。
一番重視したポイントは、とにかく今の保険と比較した場合のメリット・デメリット、コストの比較をしてどれほどお得な商品なのかどうかということです。私は購入する約半年前に生命保険の見直しをかけており、再度見直しをするつもりは当初は全くなかったのですが、比較と確認を続けていくうちに優位性もしっかりと理解できたので、見直しした方が良いと判断しました。

弊社の商品・サービスを向上する目的でお伺い致します。ご購入の検討からオーナーになられた現在までに、弊社のサービスや商品に対して不満に感じたり、改善を希望されるような点はございますか?

直接フォローしてくれる営業マンはもちろん、会社としてもバックアップ体制があることを信用して決めたので、今後ともサポートを継続的に行ってほしいです。

担当ライフプランパートナー 宮田 由里子のコメント

宮田 由里子

宮田 由里子

  • 3級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 住宅ローンアドバイザー

突然の飛込み営業から何度もお時間を頂き、本当に有難うございました。
民間の保険商品よりも優位性を感じて頂き嬉しかった反面、もっと早くに出会っていたかったと後悔の部分もあります。笑
青山メインランドの宮田からマンションかって良かったといろんな人に伝えたくなるような営業マンになりますので今後とも
宜しくお願い致します。