オーナー生活におけるポイント

青山メインランドの資産運用型マンションをご購入後、やるべき事・オーナー生活におけるポイントについて、ご説明致します。

ご購入後の賃貸管理について

ご購入頂く際にも、営業担当者から、お話があったと思いますが、サブリース(借上契約)の場合も、集金代行契約の場合も、入居者の募集から退出までの一切の件、入居者からの問い合わせ対応、退出時のリフォーム(原状回復)対応など、基本的な賃貸管理はすべて当社が行っておりますので、ご安心ください。

サブリース(借上契約)を締結している場合

サブリースの場合は、空室時にも賃料が発生する契約になります。契約期間は2年間であり、特に申し出がない限り、契約期間は2年毎に更新されます。詳細は、営業担当もしくは、賃貸管理部にお問い合わせください。

集金代行契約を締結している場合

集金代行契約の場合は、サブリース(借上契約)と違い空室時には賃料の発生がございません。
入居中には、賃料の5.25%の手数料を頂戴し残りを送金いたします。また、礼金、更新料等も締結した契約内容に則して入金があります。募集条件等にもオーナー様のご希望を考慮することができます。詳細は、営業担当もしくは、賃貸管理部にお問い合わせください。

確定申告の必要性

マンションを購入した場合に、確定申告をする必要がございます。基本的には、税理士法上、オーナー様ご自身で作成して頂く形になります。ただし、ご自身で作成が難しい場合には、税理士をご紹介させて頂くことは可能でございます。(有償)ご用命の際は、営業担当もしくは、お客様相談室にお問い合わせください。

管理組合の構成員になります。(1)

マンションを購入した場合に、購入頂いたマンションのすべてのオーナーの皆様(EX:101号室~1001号室まで)で構成される管理組合が発足されます。年に一度、定期総会が開催され、そのマンションについての管理運営をしていきます。基本的には、建物管理会社が、管理組合と業務委託契約を締結しますので、管理運営業務、定期総会準備・実施は、建物管理会社が行いますが、管理運営する上での決定・決議事項については、定期総会にて管理組合の構成員(オーナーの皆様)の賛否により最終決定されます。
最後に、定期総会の出欠席はオーナー様のご判断になりますが、お忙しい場合には、決議事項において、委任することもできますので、ご安心ください。

管理組合の構成員になります。(2)

マンションの資産価値を維持するため、日々の管理から大規模な修繕まで幅広く必要となります。管理費・修繕積立金の金額の見直しですとか、修繕計画の立案、実施までととても重要な内容になっている為、年に一度開催される定期総会の内容については、オーナー様として必ず把握されるようご注意が必要になります。詳細については、営業担当もしくは、ご購入したマンションの建物管理会社にお問い合わせください。